FC2ブログ

Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎざ!カワユス♪オジロビタキ!!

ojirobitaki-001.jpg
ojirobitaki-002.jpg
ojirobitaki-003.jpg
ojirobitaki-004.jpg
ojirobitaki-005.jpg


こんな可愛らしい野鳥がいたなんて...w( ̄△ ̄;)wおおっ!

先週の20日と22日の日に大阪、堺市の大泉緑地で撮った写真からです。

去年の年末から、大泉緑地に『オジロビタキ』が出ているという情報がネットで流れていました。

この情報が流れてからも何度か大泉緑地に行っていたのですが、詳しい場所が判らずに撮れずじまい、
しかし、今年に入って梅の木に移動しているようで、しかもこの時期にまだいるという情報が入ったの
で、行ってみることにしました。

大泉緑地で、梅の木がある場所は、4箇所ぐらい思い当たったので早速周ってみたのですがおらず?
一番可能性が高いかなぁ~と思える場所で待ってみましたが、オジロビタキどころかカメラマンの姿
も見当たらず....

いるのは、スズメとヒヨドリ.....

仕方ないので、前記事で少し触れたモクレンを撮りに行くことにしたのですが....まだ咲いてません。

そして、前記事の椿を撮って、
「もう、帰ろう...」
としょんぼり公園の入口近くまで、来た時!

「ああ!そういえば!もう一本梅の木があった!」
と思いだしました。
(この時点で公園2周しています....はっきり言って『鳥バカ』です。)

また半周ほど引き返し着いてみると、
梅の木にメジロがいっぱい、

「あ~!ここにメジロが集まってきてるんだ~!」
と感心していると、

一人の女性カメラマンの方が、

「ここに、出てますよ♪」
と声をかけてくれました。

「えっ!まさか、オジロビタキ?」
と内心大喜びで近づいていくと、

「ほら!あそこの枝のところにいますよ。」
と梅の木の下の方を指さして教えてくれましたが、見えません。

「斜めになっている枝のところですよ。」
ともう一度教えて頂いて判りました!

オジロビタキいました~♪
しかも、はっきり言って、

「めちゃ♪めちゃ♪可愛い~~♪」です。

この後、少しお話して、どうやら同じ枝にずっと留まるようで、しかも梅の花が散ってしまった下の方の
枝なので、絵にするのが、難しいように言っておられました。

お話のあと、ご厚意で場所を譲って頂き、
お礼を言って撮影に。

何枚か撮ったのですが、確かに同じ枝何か所かを行ったりきたり、梅の花が満開の上の方には出て
くれませんでした。

う~ん、と考えていると、
背後に人の気配が、
振り向くと、PENTAXマークのストラップを付けた男性カメラマンが、しゃがんでおられました。
咄嗟に出た言葉が、

「ほら、あそこの斜めになった枝の所にいますよ。同じ所にいるので絵になりにくいんですよね~」

もう一人の自分:
「はぁ~?さっき女性カメラマンが同じこと言ってなかったぁ~?」

そして、挙句の果てに、

「どうぞ!」

もう一人の自分:
「え~全然撮ってないのに....」

「えっ!いいんですか?たくさん撮られました?」
と男性ペンタカメラマンの方、

「ええ!もう充分撮りました!」
もう一人の自分:
「うそつけ、ええかっこして、全然撮ってないやんか~!」

とまぁ~、心の中で葛藤がありましたが、
PENTAXのカメラで手持ち、しかも夕方近くになって来ているということは、
あまり時間の無い方だと思い、譲ることに....

これも、先に入ってらっしゃった、女性カメラマンのご厚意をつないだこととして
その場を去りました....

しかし、家に帰って後悔したことは、云うまでもなく、
22日に再びリベンジ今度は、朝6時半に出発しました。

7時半くらいに到着しましたが、最初いなくて、

「とうとう帰ってしまった!」
かと思っていましたが、
しばらくすると、いつもの枝に「ぴょこ♪」っと現われてくれました。

今日は思いっきり撮れるぞ!
と思い「パチ♪パチ♪」と撮っていると、

再び背後に人影が.....
振り向くと、年配の女性カメラマンの方が...
なにやら、セッティングしてらっしゃるようでしたが、
その後どこか行かれたようでしたので、また撮影を再開しました。

しばらくすると、
また戻って来られたので、
咄嗟に出た言葉が、

「ここに出てますよ♪」
もう一人の自分:
「あちゃ~また言ってるよ....」

近づいて来られたので、
「まだ、いるんですね~」とお話したら、

「ええ~餌付けしてるからですよ。」
とお答えになられました。

「ああ~そうなんですか!」
と僕も返答しました。

しばらく一緒に写真を撮っていましたが、
その方が、近くに置いてあった自転車のかごから何やらとってきて、

「あまり、やりすぎるとダメなんですよね」と言いながら見せてくれたパックの中にミミズのような虫が
入っていました。

それを、いつもオジロビタキの留まっている枝の下に、

「ピュー!パクッ♪」
やっと謎が解けました!

何で同じ枝に留まるのかと思っていたらこういうことだったのですね。

複雑ですね....
毎日これを楽しみにして来られてる、この年配のカメラマンの方の心情と、そのおかげでオジロビタキを撮れた自分
でも、その一方で人の手から餌をもらい渡りの時期に帰らないオジロビタキの行く末を心配すると....

なんとも言えないですね。
自分もけな気にその餌を待っているオジロビタキの可愛い姿を見ると、やはり撮りたくなる。

出来れば、自然のフィールドで出会いたかったのですが、
それは、今なかなか、叶うものではないのでしょうね。( ̄へ ̄|||) ウーム

【撮影でーた】
PENTAX k10D + miniBORG 60ED 350mm F/5.8
4、5枚目トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー明るさ・コントラスト補正

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/26(水) 05:38:03|
  2. [野鳥]オジロビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<季節はずれの梅メジロ♪ | ホーム | 冬の終わりに花椿>>

コメント

そうなんです。ここのオジロビタキは餌付けされていることで有名です。個人の趣味だといわれる方もいらっしゃいますが、とんでもない勘違いです。
有名な公園では、どこにでも餌付けする方がいます。その結果、トラツグミがネコにやられた所もあります。
都会のゴミをあさるカラス・・あれも餌付けと同じです。その結果、カラスが増えて、野鳥のヒナがやられるケースも増えています。
マニアがこのオジロビタキを捕まえて飼育しようと思えば簡単に捕れるでしょう。密猟の常套手段でもあります。
思いもよらぬ影響が出易いのが、野鳥に限らず生物全般の野生動物に対する餌付けです。

でも、そのお陰で素晴らしい写真が撮れたことは間違いないですね。(笑)
関西でオジロビタキの写真をアップされている方は、皆さん殆どこの子のようです。
この可愛い子を自然の中で是非共会いたいものです。
  1. 2008/03/26(水) 09:22:11 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちはオジロビタキ綺麗に撮られてて素敵ですね先日私も横浜に見に行きましたが、小さく可愛いですよね、
  1. 2008/03/26(水) 09:48:19 |
  2. URL |
  3. そよ風(まこ) #pqibxaJs
  4. [ 編集]

オジロビタキはここ子?

こんにちは。

よく聞く名。
黙っていて、尋ねられたら「ジョウビタキ」のメスと応えます。
待てよ・・。上部は確かジョウビタキ、しかし、下半分がシロっぽいな。
お眼目の可愛さは一緒。

特徴は何処が違いますか。
「ジョウビタキ」とい「オジロビタキ」似た名ですね。
同属ですか。
  1. 2008/03/26(水) 16:01:13 |
  2. URL |
  3. ijin7wth2 #7ozVZe.w
  4. [ 編集]

MGさんへ

こんばんは。
知らなかったとはいえ、後で知って撮っている手前、この問題には、本来何も言えないのですが....

心情は、MGさんと同じです。
野鳥は、やはり自然のままでいさせて欲しいです。
珍しい野鳥がいると、都市公園では、必ず餌付けされてカメラマンがいいシーンを狙っている。
人のエゴなのは、間違いないですね。

ただ、これからも僕は、大阪に住んでいる以上、都市公園で野鳥を撮ることがメインになると思います。
餌付けされている鳥にも出会うでしょうけど、野鳥に罪はないですから、もちろん出会えば撮ります。

ただ自分で、餌付けして、作為的ないいシーンを撮ろうとは思いません。

カメラマンであると同時にバーダーであるなら、餌付けした野鳥の行く末を考えてしまうからです。

餌を自分で捕れない野鳥、人慣れして油断して猫に襲われる野鳥、最後は、悲しい結末になってしまうでしょう。

自分も含めて、こういうマナーを理解することが、これから先のいい都市公園のあり方に繋がるのでは?ないのでしょうか。

最近気づきましたが、タイトルバックのシジュウカラも餌を加えてました...これも大泉緑地。
どこまで餌付けされているのやら....(-_-)ウーム
  1. 2008/03/27(木) 00:00:40 |
  2. URL |
  3. jam #-
  4. [ 編集]

そよ風(まこ)さんへ

こんばんは、初めまして。
コメントありがとうございます。

オジロビタキ、めちゃくちゃ可愛いですよね♪
僕も初めてみましたが、こんな可愛いらしい野鳥がいたなんて、ちょっと衝撃でした!
尾羽をピンと立てる仕草がなんともいえません。

横浜にも出てたのですね~。
もう旅立ったのでしょうか?
来年も来てくれるといいですね♪(^▽^)/
  1. 2008/03/27(木) 00:12:27 |
  2. URL |
  3. jam #-
  4. [ 編集]

ijin7wth2 さんへ

こんばんは。
種別は、少し違っていて、
オジロビタキは、ヒタキ科で、同じ種類は、キビタキ
、サメビタキ等がいます。

ジョウビタキは、ツグミ科です。同じ種類は、ルリビタキ、シロハラ等がいます。

見かけの違いですが、
♂は比較的見分けがつき易いでしょうけど、
♀は、なかなか付きにくいですよね。

まず、ジョウビタキの♀は、翼に白い斑があります。
オジロビタキの♀にはないです。

それとお気づきになった、お腹もオジロさんの方は、真白で、ジョビコさんは、ちょっとくすんだ橙色、

尾羽も違ってジョビコさんは、橙色、オジロさんは、灰色ですかねぇ~?下は白色ですね。
ちなみにルリビタキ♀のルリコさんは、青色ですね。

仕草も微妙に違います。
尾を上下に振るのは、一緒ですが、一番上の写真のように、オジロさんは、たまにピン!と立てます。
ジョウビタキは、立てないですよ。

この子は、ちょっと若い子だと思うので♂、♀の判別が難しい状態ですが、この時期になってもあまり喉の部分に黄色いところが目立たないので、(成鳥♂は、喉が黄色です。)たぶん♀だと思います。

第一回冬羽が、♂♀見分けがつかないらしいのではっきりとは、言えないのですが....

渡ってくる数がそれほど多くないようなので、自力で見つけるのは、たいへんかも知れないですね。
それにしても、とても可愛い野鳥さんですよ。
(^▽^)/
  1. 2008/03/27(木) 00:55:58 |
  2. URL |
  3. jam #-
  4. [ 編集]

おはようございます。
私も今季初めてオジロビタキを見て写せました。
ふわふわの白っぽい鳥で小さくて可愛いですね。
尾をピンと立てる姿も楽しいです。
暗い背景に白飛びせず、ほんとに綺麗に写されていますね。
  1. 2008/03/27(木) 05:49:32 |
  2. URL |
  3. みぃこ #Ar7ENGMc
  4. [ 編集]

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

出来れば自然で撮りたかったのですが、なかなか難しいようですね~。

僕は初めてみましたが、とても可愛いですね♪
みぃこさんは、毎シーズンご覧になられているのでしょうか?

フワフワの羽毛のオジロビタキ来シーズンこそは、是非、山で会いたいですね♪(^▽^)/
  1. 2008/03/27(木) 07:27:33 |
  2. URL |
  3. jam #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teenagefilmstar.blog110.fc2.com/tb.php/6-20168924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。