Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビジュアルアーツ専門学校卒業制作展のご案内

nagi-001.jpg

二年前、サラリーマンをしながら野鳥写真を撮っていたものの自分の写真への欲求がその枠を超えてしまい
とにかくもっと上手くなりたいフィルムで撮ってみたいという想いで、写真専門学校の門を叩きました。
自分の子供でもおかしくない年齢の子達とクラスメートで一緒に学んで行くというのは最初はとても不安でした。

でも、若い子達はそんな年齢の自分を受け入れてくれて自分もそんな環境の中でがむしゃらに写真に向かえました。

そして月日が流れて卒業の時が近づいてきました。
何か形になった成果があったか?と言われれば何も無かったかもしれないけど得られたものはたくさんありました。

そんな想いで迎える卒業制作展。
今年一年を通して出来上がった2作品を提出して2作品共、合格出来展示させて頂くこととなりました。

応援して頂いたみなさん本当にありがとうございました。



卒業制作展のご案内をさせて頂きます。
同期間に2会場で行われます。
自分は両会場に一作品づつ展示します。

一作目が
タイトル:『凪の街』 作者名:田村真朗 (上の写真はその中の一枚です。)

作品説明:去年の春先から夏の終わりぐらいまで泉州~和歌山の中紀までとにかく海沿いを中心に歩き回り撮った作品です。
この地域の昔ながらの雰囲気を残した街並みと新しく都市開発によって建てられた建造物や人工物。
そういった、時代の交錯するような雰囲気のするこの地域の景観が面白くなって撮り貯めた作品です。

9枚を額装展示予定です。

『ビジュアルアーツ専門学校卒業制作展』
場所:富士フィルムフォトサロン大阪
開催日時:2月18日(金~2月24日(木)
開場時間:AM10:00~PM19:00(最終日はPM14:00まで)

20日(日)のAM10:00~PM13:00まで当番で在廊しております。

富士フォトサロン大阪の地図です。

大きな地図で見る



tetu-001.jpg

二作品目が
タイトル:『鉄の港』 作者名:田村真朗

作品説明:去年の冬に大阪ドームから南港までの木津川を撮った写真から発展して、大正区、大阪港へと範囲を伸ばし風景写真から発展し、『鉄』という即物的なモノの面から逆に街を写し出せないか、という試み。

モノクロバライタプリント額装8枚展示予定。

『ビジュアルアーツ専門学校卒業制作展』
場所:ビジュアルアーツ専門学校・大阪 1F ビジュアルアーツギャラリー
開催日時:2月18日(金~2月24日(木)
開場時間:AM10:00~PM19:00(最終日はPM14:00まで)


ビジュアルアーツ専門学校・大阪 地図

大きな地図で見る

もし、お時間のご都合がよければ是非見にいらしてください。
上のカラー作品の方は3月に憧れのニコンサロンでも展示予定です。
またご案内させて頂きたいと思います。

まぁ~長かったような短かったような、これからも仕事見つけて写真作家を目指そうと考えております。
またこの一年ほとんど封印していた野鳥写真も春の渡り頃から行けそうかなと思っております。

また、みなさんよろしくお願いします(^▽^)/
スポンサーサイト

テーマ:写真展 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/15(火) 01:54:57|
  2. [写真展と御挨拶]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第四回『Nikonユーザーのためのレンズ&アクセサリーガイドブック』レビュー

005.jpg

昨日から寒いですね~。
昨日は雪の中『ツムテンカク』という通天閣で行われているイベントの記録撮影に行ってきました。
とっても楽しいイベントが多くあって色んな方とお話出来てとても楽しかったのですが、夜のイベントも
幾つかありまして出来れば記録写真なんでブレが気になるとこで、この本にも『夜景を撮るには三脚が不可欠』というページがありますが、高感度撮影の得意なカメラだとそれでも大丈夫か?とも思いますが、風景、夜景ってなりますとやっぱし少しでも絞りたいのと画像のノイズがやはり気になりますよね。

ということは、やっぱし三脚持って行く方が僕も良いと思います。人物や近景だとストロボという選択肢も出てきますけどね。

自分の場合、体力がそれほどないのとかなりの距離を徒歩で移動することが多いので体に合わせてマンフロットのカーボンの軽いやつを一本持ってますが、体力があれば、ハスキーやジッツィオのようなしっかりした風でも微動だにしないのを選んだ方が絶対良いですね。

まぁ~三脚不慣れな自分が撮ったので大したことないのですがブレて無いというのは結構しっかり撮ってるなという印象がするのでは無いかなと思っています。

人とか車はブレますけどこれも試してみると面白いのですけど動いてる人が何秒から消えて見えなくなるのか?とか車がライトだけになるのか?とかもやってみると結構面白いです。
シャッタースピードを変えるだけでかなり雰囲気変わるのでやってみてください。

まぁこんな偉そうに書いてますが、野鳥撮影してる時に三脚をっ持って撮影している自分を見たことある方はたぶん少ないと思います。
まぁ~そういうことです・・・。
この本のご購入詳細はコチラ

tutenkaku-001.jpg
tutenkaku-002.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/12(土) 22:05:28|
  2. [未分類]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第三回『Nikonユーザーのためのレンズ&アクセサリーガイドブック』レビュー

005.jpg

え~このレビューも三回目なのですが(5回まで続きます)この本のメインはやっぱしレンズ紹介にあると思うのですが紹介されているレンズは粗『Gレンズ』という絞り環の無いレンズです。

僕も実際AF-S 18-200mm F3.5-5.6G VRというのを一本持ってますが、日常で撮る分にはこれ一本で十分なのですがやっぱしいいレンズ欲しいですね~。

去年の暮頃にプロカメラマンの某先生とお話しましたが、カメラ買い換えるならレンズ買い換えた方が絶対いいとおっしゃってました。
特にズームレンズよりも単焦点を買った方がいいともおっしゃってました。
そのお話の時に
「カメラ何持ってるの?」って聞かれたので「D300」とお答えしましたが、
「十分、十分」とおっしゃってました。
単焦点のレンズが良いのは一つの焦点距離に対しての各収差の補正がなされて設計されているからそうです。
デジタルカメラにおいては倍率色収差というのは絞り込みをおこなってもさけられないのですが、これを実際レタッチされた方は解ると思うのですが全然別の写真?と思うぐらい解像感が変わってきます。

と言っても実際そんないいレンズ持ってないし使ったこと無いので偉そうには言えませんので、学校のスタジオ
の授業にて一つ前のDレンズのF2.8のレンズを使ったことがあるのでズームレンズですが参考までに画像をアップしてみました。
レンズにお詳しい方はこの本には、Gレンズ作例もしっかり載ってますので買われる時のご参考になるかと思います。

この本のご購入、詳細はこちら

17-35.jpg
カメラ:Nikon D300 レンズ:NIKKOR 17-35mm2.8D

28-70.jpg
カメラ:Nikon D3 レンズ:NIKKOR 28-70mm2.8D




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/03(木) 17:14:41|
  2. [未分類]
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。