Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬のアーティスト コガラ

kogara-006.jpg
kogara-007.jpg
kogara-008.jpg
kogara-009.jpg
kogara-010.jpg

カラ類フェチの方お待たせしました!y( ̄ー ̄)yピースピース

やっぱし、ロープウェイのお山と言えば!「カラ類の一つも撮ってこいよ!」という御意見をお持ちの方も多くおられると思いますのでカラ類特集です。

と言いましても残念ながらヒガラ様は御留守のようでした・・・・・。
ゴジュウカラさんは、ちょっと訳ありというか山頂まで登る気力が・・・・チョメチョメです。

まぁ、冬山カラ類といえばやはりベレー帽にチョビ髭の天才アーティスト「コガラ」さんです。
この日も木の材質を吟味しながら、ウッドアートをされておられました。

じゃなくて、ぺりぺりと木の皮を剥がして、木肌の間にいる虫を探されておられました。
しかし、速いです。
エナガまでとは行きませんが予測不可能な動きに対応するのは、かなり困難でした。

山麓のロープーウェイ前で最初見つけて撮っていたのですが、アナウンスが入り出発時刻が迫って来たので途中で諦めましたが、山頂駅付近にもおりました(注:実際の山頂へはここから30分程歩かなくてはいけません。)

面白かったのは、同じ木にいたことですね。
何の木でしょうか?ぺりぺりと剥がしやすそうでした。

と意外にこの木にいるのはほとんどコガラだけでした。
たまにヤマガラがちょっかい出してきてましたが、黙々と木の皮を捲っていました。

このお山では、ヤマガラと混群の時が多いです。
12月に来た時はイチイの赤い実を取り合っていましたがやっぱりヤマガラが数と大きさで優勢でした。

ヒガラは今回見かけませんでしたが、割と単独の群れで松の木の上にいることが多いです。
こちらの方が遥かに撮るの難しいです。
御存じの方も多いと思いますが、コガラと言えどもヒガラの方が少し小柄なんですよね~。(またオヤジや~!もうええぞ~!)

まぁ~そんなことで今回はじっくり観察させて頂きましたが、最後に華麗なるボディ・ペインティング(最後の写真)も見せて頂き大満足でした♪(= ̄▽ ̄=)V やったね

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、5枚目のみPhotoshopCS3にて、調整レイヤー、レベル補正、レンズフィルター




◇◆その他のカラ類のこうなぁ◆◇
続きまして、その他のカラ類なんですが行動がどうもおかしかったのですが、山道を歩いていると次から次へとそばに飛んできて離れませんでした。
そして、可愛らしく首かしげのポーズをとって「ツィーツィー」と囀っていました。

「どうもおかしいぞ~何かへんだなぁ~?」と思って考えていたのですが、理由が解りました。
『ギブ・ミー・ピーナッツ』です。
ここのお山は耐寒登山で有名で、その登山客が冬に餌のない野鳥達にピーナッツを与えているというのを思い出しました!

まぁ見事なおねだりポーズでした♪
いつもそういう風にしててくれればいいんだけどなぁ~(━_━)ゝウーム
yamagara-020.jpg
sijyuukara-010.jpg
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/30(金) 20:08:50|
  2. [野鳥]コガラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

太陽がくれた宝石箱 (上) / 閉ざされた月景色 (下)

taiyougakureta-housekibako-001.jpg
「太陽がくれた宝石箱」




koori-ni-tozasareta-tuki-001.jpg
「閉ざされた月景色」

樹氷はありませんでしたが冬を感じるものはありましたヾ(=^▽^=)ノ

今日は野鳥は午後にアップ予定です。
金剛山に行ってきました~!(←わざとらしいなぁ)

この日は天気も良く、ブナの林の樹氷は残念ながら少し前に溶けてしまったそうでした・・・・。
残雪もほとんど残っていませんで、凍った山道の上に薄らと残っている程度ですが耐寒登山等でこの時期登られている方が多いのでもう足跡がいっぱい付いていてそれもだめでしたが、まぁ~なんやかんや歩けば感じるところもあるだろうと歩いていましたら、ブナの林の遊歩道で低い木の枝の影が地面の雪に写っている所があって、これだ~!と思って撮ろうとしたのですが一応90mmと18-55mmは持って行っていたのですが、何故か付いていた?300mmで先に覗いてみました。

すると、「おお~!」光に当たった雪というか、氷の粒が適当でしょうか?キラキラ光ってとても綺麗でした。(上の写真)
何度も書いていますが、このレンズBORGは、天体望遠鏡なので絞りが付いておらず開放f5.8しか使えません。
これが良かったのか丸い色とりどりの粒がファインダーの中にいっぱい見れました。
これは、カメラを持つ者の特権ですよね~♪

それでレンズを変えずにそのまま撮ってみました。
何枚も撮ってみましたがちょっと迫力不足は否めませんね。只こういうのも面白いなぁ~といういいヒントにはなってくれました。(皆さんやっておられるのかも知れませんが・・・)
これがもうちょっと画面に溢れかえるように出来れば皆さんにもっと雰囲気をお伝え出来ると思うのですが、力量不足でした。
やっぱしレンズ変えれば良かったのでしょうか?

2枚目の方も同じ方法で望遠で撮りました。
ようやく一か所で凍っている枝を見つけましたが、展望台から流れ落ちる雪が溶けた雫が丁度下の木にかかって、それが凍っていたのですがここでも日の光が当たってバックの氷のボケが美しく光って見えました。
これももうちょっと見せ方綺麗に出来る方法ないかなぁ~と言う感じで、展望台の上から見下ろすのを忘れていたなぁ~と反省しておりますが、ちょっと凍っている範囲があまりにも狭すぎました。

しかし、こういうのはカテゴリーが何写真なのかよく判りませんね~。
風景写真っていうのは、やっぱり遠景のものを指すのでしょうか?考えると難しいなぁ~?
そう考えると、モミジの紅葉や桜の花の入った写真は、どうなるんだろうと考えてしまいましたが、まぁ自分が風景写真だと思って撮った写真なので風景写真にしときます。(←何でもいいですね)
(^▽^)/

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/30(金) 05:21:19|
  2. [風景]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メタボにご用心 ウソ

uso-001.jpguso-005.jpg
uso-006.jpg

どんだけ~食べるの?ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

昨日の続きで同じお山からですが、ブナの林を一応一通り回ってみたのですが、アトリ系の野鳥は少なかったです。
またマヒワの姿を見たかったのですが、だめでした。
この高さ(この地点で標高900m以上なんですが)では、木の実がもう少なくなってきているのかもしれませんね。

帰り際にもしかしたら、エナガが撮れるかな?という場所に行ってみたのですが、何やら怪しげな音が聞こえてきました。

風もそんなに吹いていませんで、辺りはとても静かだったのですが「フィー、フィー」と虫の鳴くような涼しい囀りが・・・・ああ~涼しくていやされるなぁ~(←気温0度です。アホです。)なんて思っていたら、目の前の小さな低い木になんか乗っかっていました。

たぶん、とまるというより乗っかるがふさわしい表現だと思います。
最初後ろから見るとイカルかなぁ~という感じでしたが、良く見ると・・・・・

なんと!!ビックリこれは珍しい「風船アトリ」でした。(ウソだけにうそですけど・・・・またオヤジや)
ではなくて、「ウソ」でした。

野鳥をそんなにご存じじゃない方は、たぶん何を言ってるのかさっぱり解らないと思うのですが、この鳥「ウソ」という名前の野鳥なんです。

「うっそ~。」(またオヤジや!しつこいちゅうねん!)

まぁ~あんまししつこいとお叱りのコメントが飛んでくるといけませんので、ちゃんと書きますとアトリ科の冬鳥で他のアトリ科の野鳥と違う所は、木の芽や花の芽を食べるところで以上に飛来してくる年は、春先に桜の花の芽を食いつくすという被害が発生します。

一昨年の春はかなり多かったように思います。
この写真はたぶんお譲さんだと思いますが、♂の方は喉元が赤いです。
アカウソやベニバラウソ等の別の亜種も存在しているようですが、見たことないので判りません・・・。

まぁ~見ての通りの食いっぷりでお見事ですね~。
でも、植物愛好家の方からすれば、害鳥ですよね・・・。

たまたま、ここが寒いので羽毛を立てているので膨らんで見えるだけで、普通の所でみるともっとスマートに見えると思います。
遠い枝の木の芽や木の実を啄む時の動きはなんとなくアシカやオットセイを想像してしまいます。

ここには3羽いましたが、全部お譲さんのようでした。
一応こっちを警戒しているようですが、何故か全然逃げませんでした。

枝が細かくて枝被りを避けて撮影したかったのですが、抜けている場所がなかったのは残念でしたが
まぁ~近くで見れたので良かったです。

♂は去年一度だけ見ましたが、あっという間に逃げられましたね。
次は是非赤いスカーフの男前?「真赤なウソ」をゲットしたいもんです。
それとみなさんもメタボには気をつけましょう!僕も最近下腹かなりヤバイです・・・。(←オヤジ); ̄ロ ̄)!!

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし




◇◆その後の風船アトリ◆◇
「もう食えねぇ~」と言って木の枝の中に沈んで行きました・・・・・ウソですけどね(V)( ̄∇ ̄)(V)フィフィ~♪uso-004.jpg


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/29(木) 09:29:10|
  2. [野鳥]ウソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

美しきならず者 カケス

kakesu-001.jpg
kakesu-002.jpg
kakesu-003.jpg
kakesu-004.jpg
kakesu-005.jpg

ちょっと今日はパンチ効いてます!!o(メ`□´)○三ウッシ!

昨日は天気が良かったので高いお山に登ってきました。
と言ってもロープーウェイですけどね・・・・・。

樹氷を撮りに行ってついでに鳥見も(鳥見のついでに樹氷やろ!)して来ようという感じで登ってみました。
着いた時に「ああ~雪ないわ~」と気づいたので、予定変更(予定通りやろ!)ブナ林中心の探鳥をしてきました。

ちょっと、歩き始めた時の雰囲気は、囀りは少なめでカラ類の姿がチラホラという感じでしたが、木々に雪は積もっていませんが山道は凍っているような状況でした。

「ああ~今日はあかんかなぁ~」という感じでしたが、一羽の野鳥が僕のすぐ側を通り抜けて行きました。
一瞬、「キジバトかなぁ~」と思ったのですが、すぐ後ろの地面にとまったので振り返ってみるとその野鳥が言いました。

カケス「どんぐりころころ♪どんぶらこ~♪おお~そこのカメラの兄ちゃん、わしなぁここらへんにどんぐり隠しとったんやけど、知らんか~?」

僕(心の中)「うわぁ~えらいもんに見つかってもうた。ならずもんのカケスはんや・・・・。」
僕「えっ!知りませんけど・・・」

カケス「ほんまか~!取ったんちゃうやろなぁ?嘘ついてたらなぁ~山に埋めんぞ~!こらぁ!」

僕(心の中)「うわ~こわ~!しかしここは冷静に対応や。」
僕「本当に知りませんって、先を急ぎますもんで。失礼します。」

カケス「おい!ちょっと待たんかい!撮影料10万円置いてってくれるか~、なんやったらどんぐりでもええけどなぁ。」
    (続けてカケス)
    「ははは。冗談や兄ちゃんカメラがんばりや~!どんぐりころころ♪どんぶらこ~か?」
僕(心の中)「歌詞まちがっとる・・・・(言われへんけど)」

終わり(フィクションです。うそつけほんまちゃうか?)

てなことは、言ってないですがカケスに最初に出会った時は本当にこんな印象でした。
思った以上に大きくて、しかも逆光でしたからねぇ。しかもこの厳つい風貌。
はっきり言ってビビりました。

カケスはカラスの仲間でドングリやクリが大好きで、秋にそれを蓄えるために地面に埋める習性があるようです。
そして、冬の餌の少ない時期にそれを穿り返して食べるようです。

この時も落ち葉を一生懸命ひっくり返してそれを見つけていたようです。
場所は、木の根元に積もった落ち葉の積もった所ばかりでした。

普段はとてもうるさくて警戒心が強いのですが、この時は目の前で黙々と落ち葉をひっくり返していました。

因みに古いアニメで「やまねずみロッキーチャック」(古いなぁ~)に出てくる、カケスのサミー「ニュースだよ!ニュースだよ!」とうるさいやつは、アオカケスという日本にいないカケスがモデルのようです。(ネットで調べました)

カラスの仲間と言えどもほんとに羽は綺麗な鮮やかな色をしています。
特にこの雨覆いのブルーは綺麗ですよ。
翼を広げた時の写真が偶然にも撮れましたが惚れぼれしますね。

時には、他の野鳥の卵や雛を食べることもあるそうですが、その修正といい、風貌といいとてもミステリアスな野鳥ですね。o( ̄ー ̄)○☆パンチキイテマシタ?

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし




◇◆その後の美しきならずもの◆◇
カケス「おりゃ~!わしのどんぐりどこ行ったんや~!ドンドン!ボカボカ!ガッシャ~ン!」☆○=(`◇´*)o
kakesu-006.jpg
kakesu-007.jpg
カケス「今日はこれくらいにしといたるわ!どんぐりころころ♪どんぶらこ~っと♪わしこの歌すきなんや。」
僕(心の中)「だから、歌詞まちがっとるって」(━_━)ゝ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/28(水) 12:30:11|
  2. [野鳥]カケス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

流扇舞 カワラヒワ

kawarahiwa-009.jpg
kawarahiwa-010.jpg
kawarahiwa-011.jpg
kawarahiwa-012.jpg

翼を広げたカワラヒワは、美しいですよね(⌒~⌒)ニンマリ

またも野鳥に戻りました・・・・ややこしくてすみませんm(_ _;)m
「いいと思ったのは、何でも撮る」が自分のスタイルなんで突然全然趣旨の違う写真が出て来ると思いますが、それだけは、ご勘弁ください。

と言ってもやはり、野鳥写真を見に来て頂いている方が多いと思いますので、なるべく、平日は野鳥写真(撮れればですが・・・・)中心に自然写真たまにニャンコ、その他の写真は土日にと考えております。
土日は、みなさん撮影にでかけられるでしょうから、それがいいかなと思っています。

まっ、気楽に見てやってください。
コメント頂ける、頂けないは全然関係ないです。見て頂けるだけでもうれしいですので。

そういうことで、今日はカワラヒワです。
野鳥写真と偉そうなこといってますが、普通に公園にいるようなものばっかしですが、最近新鮮なんですよね。

大阪城で撮っていましたが、楽しい♪楽しい♪こんなに近くでカワラヒワが撮れるなんて嬉しくてたまりません。

そして、野鳥写真を撮られる大半の方が一番嫌がる「白抜け(曇り空の空抜け」ですね。
僕は大好きですね。
まさに日本画の写真を狙えるチャンスです。

あんまし、高い所にいるのはお腹だけしか写らないのでさすがにあんまし撮らなくなりましたが、それでも退いて撮れば撮れるし僕はあんましこだわりません。

但し、このアキニレの木は枝が細くて抜ける所を探すのは大変ですね。
そこが面白いんですけどね。
まぁ~やってみましたけど、ほとんど無いですわ・・・・。
細かい枝が必ず被ってきますね~。ははは。

ちょっと撮って気づいたのですが、3枚目の写真が面白くてカワラヒワ足で枝をねじ曲げて木の実食べているでしょう。
以前に羽繕いしている時に気づいたのですが、嘴だけでなく足も使っていたのを見たことがあるんですよね。
中々足を使うのも上手な野鳥のようです。

珍しい野鳥にはさっぱり縁がないですが、こういう野鳥達をじっくり観察するのも面白いですよ。
そんなこと言ってないで、偶には、珍しいのアップしろ~と怒られそうなので退散します  フラー ~~~(((m-_-)m|EXIT|

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
2、3枚目トリミング、1、3、4枚目PhotoshopCS3にて、調整レイヤー、明るさ・コントラスト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/27(火) 10:18:07|
  2. [野鳥]カワラヒワ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

世界を手に入れた男

sekai-wo-teniiretaotoko-001.jpg

ちょっと物騒なタイトルですが・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

これも12月に撮った写真です。
一度撮っていたのですが、写真の国旗を手の間に配置したかったのとその時広角しか持っていなかったので画角の調整でもう一度撮りにいきました。

ちょっと、ウォーホールや森山大道さんの影響有りですね・・・・

森山大道さんは、年末はかなりハマっていました。
DVDと本2冊(文章の)買いました。
最初あんまし好きじゃなかったのですが、去年の10月号ぐらいの『CAPA』に載っていたニューヨークの写真だったかなぁ?
その写真を見て物凄く好きになりました。

今月も『デジタルフォト』と『日本カメラ』で特集があったのですかさず買いました。
しかし、対象的でしたね。
デジタルフォトの方は、最近のデジカメで撮ったカラーの銀座、日本カメラは1970年代の札幌の銀鉛モノクロ写真でした。

どちらが良かったかと言われれば素直に日本カメラの方ですが、デジタルフォトの方は、載せられない写真がかなりあったのでしょうね。
人物のアップの写真が全然載っていなかったので少々弱い印象でした。
只、森山大道さんの視点を学ぶにはこちらの方がいいなと思いました。

日本カメラの方は、やっぱし凄いなぁ~の一言ですね。
一番印象に残ったのは、白いコートの女性の写っている作品で船か電車を待っているシーンのように思いましたが、その不安げな表情から、この人は何を思っているのだろうと想像してしまい、惹きこまれてしまいました。

まぁ~2誌を見られた方は、色んな感想があると思いますが、未だにスナップで現在を撮り続ける森山さんのスタイルにはやっぱし憧れますね。格好いいです。

それと、この2誌を買ったのにはもう一つ理由があって竹内敏信さんの連載があるのですが、デジタルフォトに載っている作品は正月明けにBSで放送された富士山の写真だったのでこれも嬉しかったです。

竹内さんの作品は、よく本屋で画集を立ち読みしていますが今も凄いのですが、フィルムで撮ったものは、もう一つ凄いですね~。
まるで風景が動き出すような威圧感というかなんというか、他の人とは明らかに違いますね。

BSで放送された番組内での撮影シーンは、本当に圧倒されました。
本当にレベルの違う写真に対する熱意、そしてこだわりこれこそプロだなと素直にそう思いました。

日本カメラの方も写真の解説を丁寧に書かれていてとても勉強になりましたが、視点にしろ構図にしろ全てがとても真似できるような代物ではないですね。
竹内さんの風景写真にも憧れますね~。格好いいです!

写真を始めて丁度2年ぐらいになりますが、もっと色んな方の作品を見て刺激を受けたり、色んなものを撮って勉強、経験していかなければと思っています。

【撮影データ】
PENTAX k10D+Carl Zeiss Jena DDR MC Sonnar 135mm F3.5(M42マウント、HANSAマウントアダプター使用)
トリミングなし、PhotoshopCS3にて、調整レイヤー、白黒、トーンカーブ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/26(月) 07:57:55|
  2. [スナップ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Tcau, ate amanha!(チャウ、アテアマニャン)

ate-amanha-001.jpg
ate-amanha-002.jpg
ate-amanha-003.jpg
ate-amanha-004.jpg
ate-amanha-005.jpg
ate-amanha-006.jpg

こういう工場街の夕景って落ち着くんですよね~(^○^)

産まれた時代が、高度経済成長期だったのと産まれた場所が石油基地のあった町だったもんで遊び場は海、山、川でももちろん遊んでいたのですが、田舎の割に資材置場、工事現場、貨物列車の積み荷置き場等があったので、かくれんぼ、缶けり、ビー玉遊び、草野球をやったり、秘密基地を作って野良犬を飼ったりして遊んでいました。

この写真を撮った場所は、大阪南港方面に向かうニューポートと呼ばれる新交通システムの列車が通る街で「平林」という駅の近くです。
何が新交通システムなのかというと、一番上の写真の列車がそうなんですが、この列車無人で動いています。

南港野鳥園やATC(アジア太平洋トレードセンター)へ行く時に偶に乗っているのですが、いつもこの材木置場のある街が妙に懐かしく思えて、一度降りてみたいなと思っていました。

12月の中頃に時間があったので探検がてら行ってみましたが、トラックが常に通っていて煙突から煙の出ている予想通りの町でした。

一番行きたかったのが、池のような材木置場、いいですね~この雰囲気♪
ほとんどの池が金網が引いてあって金網の隙間にレンズを通して撮影したのですが、なんかやっぱり懐かしく落ち着く雰囲気でした。

しかし、やっぱり気になるのは野鳥・・・・ヒドリガモが少ないながらもやって来ていました。
池にいるのもあったのですが陸上にあがって、ムクドリと一緒に餌を探しているのもいました。

写真2番目のカモがそうですが、一羽だけおいてけぼりをくらっていましたがなぜか夕景をじっと眺めて哀愁たっぷりでした。

朝起きるのが苦手な僕ですが、その分撮影に行くと晴れていればほとんど夕景を眺めることが出来てそれは、それでいいなぁと思っていますが、この日の夕景はそういう思いもあって格別良かったですね。

今日のタイトル「Tchau, ate amanha (チャウ、アテアマニャン)」はポルトガル語で、マイハニーが昔バイトしていた所で仲良くなったブラジルの方に教えて頂いたそうで、それを僕に教えてくれました。
今日タイトルにしようと思って綴りが解らないのでネットで調べたのですが、「チャウ」は親しい人に言う時の「バイバイ」という意味で「アテアマニャン」は「また明日!」という意味らしいです。
マイハニーは「チャウ、チャウ、アテアマニャン!」って言ってましたけどね。

まぁ~沈む夕日もまた昇りくりかえすということで今日のタイトルは
「チャウ、アテアマニャン!」(バイバイ、また明日!)でした。ヽ(=´▽`=)ノ

P.S、今日は私的日記のような記事なので、撮影データの省略とコメントの受付は御遠慮させて頂きます。申し訳ございませんm(_ _;)m

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/25(日) 00:58:33|
  2. [スナップ]

緑の吐息 【冬至梅】 / 薄明の淡彩 【蝋梅】

midorinotoiki-001.jpg
「緑の吐息」



hakumeitannsai-001.jpg
「薄明の淡彩」

今日は梅を撮ってみました((^┰^))ゞ

少し前から、「最近花を撮ってないなぁ~。」と思っていたのですが、昨日も歯医者の予約がお昼過ぎの2時半頃に入っていたので、「終わってからちょうどいいや!」と大阪城の梅林に行くことにしました。

と言ってもやっぱりお城に行ってしまうと野鳥の誘惑が・・・・それほど今は、珍しいのも入ってなさそうですが、習慣というか条件反射というか・・・いきなりカモを撮り始めてから止まりません。

晴れていなかったので、日の暮れるのは「アッ!」というまで梅を撮ろうと思った時には、もう陽が沈んでいました。

止めて別の日にしようかなぁ~と思ったのですが、梅はかなり難しい被写体だと思うのでどういう風に撮ればいいか考えるだけ考えてみようか?と思い感度をiso1600まで上げて試してみました。

梅の花は桜と違って、花と花の間隔が凄く開いているので「パッ」と撮ってもなかなか絵になかなかなりませんよね。
出来れば、枝振りのいい梅の木を全体で撮りたいのですが、そうなるとバックが抜けている場所を探して枝振りを見せるか?う~ん、只、梅林のように梅の木が密集している所だと他の木との間隔が狭いので他の木の枝がどうしても絡んでくるなぁ~とかアングルを確かめながら考えていましたが、結局部分撮りすることにしました。

上の冬至梅は、一輪の花をクローズアップして、背景に下草の緑を入れてみることにファインダーをのぞいた時点では、微かに緑が見える程度でしたが撮ってみると割と入ってくれました。
これは、ちょっとコントラストを上げた方がいい感じだったのでトーンカーブの補正をしました。

下の蝋梅の方は、花の連なる所を撮ってバックは暖色系の柔らかいのが入ったのでこのアングルで撮ることにしました。
これは、柔らかい感じの方がいいと思ったのでコントラストの補正はしていません。

他にも枝の曲がりのいい所を撮ったりしましたが、流石にiso1600でもブレブレできつくなってきたのでここで終了しました。
三脚使って低感度スローシャッターで撮ればいいのでしょうけど毎度毎度ですが三脚持ってないのですみません。

梅の開花状況ですが、蝋梅がちょっと終わりかけで冬至梅がチラホラ咲いている程度なのでもう少し咲き揃ってきてから、明るい時間帯なり、天候なり選んで撮りたいと思います。
只今度は人がかなり多くなると思うのでそっちの方も悩みになりそうですが、やっぱし梅は色んな意味で難しい花だと思います。
やっぱし、日本画の様な退き絵の梅が撮りたいなぁ~(⌒・⌒)ゞ

【撮影で~た】
PENTAX k10D + Voigtlander Apo-Lanther 90mm F3.5 SL CLOSE FOCUS
(M42アダプター使用)
トリミングなし、上の写真のみPhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/24(土) 12:16:49|
  2. [花]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

独り占めマンボ シロハラ

shirohara-001.jpg
shirohara-003.jpg
shirohara-002.jpg

ヤマハゼの実を独り占めして大喜びのご様子でした(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

昨日は、ちょっと大失敗してしまいました。
お昼前に歯医者の予約があったのでそれからカシラダカを撮った里山に、電車に乗っている時に「これは、ちょっと降るかも知れないなぁ・・・」と思っていたら案の定駅に付いた瞬間ポツポツと、この前は初めての場所だったので歩いて行ったのですが、目的地まで片道約一時間程かかります。

雨具の準備をして行っていなかったので取り敢えずバスで行くことにしましたが、まぁ曇っているのでちゃっちゃと撮って2時間程の撮影で切り上げようと思っていました。

里川の方は、この前より鳥の数は少なめでしたがカシラダカの群れが入っていましたが、すぐに気付かれて山の方へ逃げられてしまいました。

粘ってもいいかなと思ったのですが天候が危ういなと思い先を急ぎました。
山に入ってからも野鳥は少なめ、メジロの囀りとエナガ、シジュウカラの囀りが聞こえた程度でした。

今日はダメだな~ととりあえず何か撮りたいなぁ~と思っていたのですが、少し手前の山道にいたシロハラが逃げたのが見えました。

シロハラは割とシャイなので近くでは撮ったことが無かったのですが、何を思ったのかこのシロハラ僕の目の前のヤマハゼの木に止まって木の実を食べ始めました。

完全に僕は丸見え状態なのに変わった奴もいるもんですね。
写真はトリミングしていないので、どれだけ近くにいたか判って頂けると思います。

たぶん、ヒヨドリかツグミが占領していて近づけなかったのでは?と想像しましたが、凄い食いっぷりまさに独り占め♪で嬉しそうでした。

近くでみるとシロハラは、お腹の毛がとても綺麗な野鳥ですね。
まぁ~地味な鳥が好きな僕としても大満足、独り占めでした♪

それは、良かったのですが後がやっぱし続きませんでした。
他のヤマハゼの木でルリビのお譲さんを見つけましたが逆光、空抜けで今一つ。
木の枝振りが良ければなんとかなるかなぁ~と思いましたがちょっとごちゃごちゃしていたのでNGでした。

そして、林を出た途端悲劇が・・・・
雨足が強くなってきて、逃げ場がない!
とりあえずバス停まで行きましたが、こんな山中のバス停に屋根なんか付いてませんよね・・・

そして、バスの時刻表を見たら6分前に出たところ・・・・次のバスは一時間先・・・・最悪です。
まぁ~やみそうもないんで、どうせ濡れるんだったら近くの田圃の鳥見でもして帰るか!
と開き直り(←アホです)ずぶ濡れ状態で歩いて一時間の道のりを駅まで帰ってきました。

田圃の方はケリがいてくれたぐらいでした。
この前ノスリを見たので期待していたのですけどね~。

みなさんも出かける前には天気予報と雨具の準備は忘れずに!
リピート・アフタ・ミー「出かける時は忘れずに Part2!!」(━_━)ゝ

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/22(木) 08:24:22|
  2. [野鳥]シロハラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

今日はいい天気だね カシラダカ

kasiradaka-001.jpg

アオジかと思ったら、カシラダカでした♪(* ̄ー ̄)v

去年一度MGさんのMFにお邪魔した時に、たぶんカシラダカ?という写真が撮れていたのですが、かなり遠かったので自分のお楽しみ写真になってしまいました。

今年は正月早々に実家の和歌山で撮れたのですが、先週の土曜日に大阪のとある里川・里山に出かけたときにまたも出会えました。

里川を上流に向かって歩いていったのですが、アオジ、ホオジロがわんさかいました。
しかし、素早く葦の草叢に隠れてしまってなかなか撮らせてくれませんでした。

ところが、一羽だけ何を思ったのか僕の歩いているすぐ目の前に飛びだしてきました。
そして、地面で餌を探し始めたのですが「大胆不敵なアオジだな~。色からするとお譲さんか?」と思って撮ろうとファインダーを覗くとカシラダカでした。

逆光気味だったので、最初撮ったら真っ黒!
陽が少し傾いて来てたので、「しまった逆から歩いて来なかったらいけなかった」と思ったのですが、道が狭くて回り込むと間違いなく逃げられてしまう感じでした。

しょうがないので、S/Sを二段程下げました。
するとこんどはハイキーの写真になってしまいました。
う~んやっぱし逆光は難しいなぁ~こういう時D-レンジオプティマイザーってやつ付いているといいんだろうな?とか思いながら撮りました。

やっぱし恐ろしくハイキーというか階調がまるで出てないのでそうとも言えないなぁ~?
ハイコントラスト?う~ん?と家に帰って写真を眺めていたら一枚だけとても表情のいいのがありました。

なんかニコニコ笑っているように見えたのでこれいいなぁ~♪と自分で納得。
ちょっと、横の草がトトロ風で「おお~宮崎駿シリーズや!」と思ってアップしてしまいました。

コントラストを落とすフィルターなんか使えばいいのかと後から思いましたが、次回の課題となりました。( ̄ー ̄?)う~む




◇◆久々のおまけのこうなぁ◆◇

ちょっと最近、近場で撮れる野鳥ばっかしなので証拠写真程度ですが、トラちゃん「トラツグミ」を一枚。
帰省中に和歌山の実家付近の里山で撮りました。

toratugumi-001.jpg

トラツグミも有名ポイントのいるとこいけば結構いるのですが、実家の里山で見つけられたので嬉しかったです。

今シーズン初でしたしね♪

本当はこの梅の木を入れて空を撮ろうと思っていたのですが、あんましいいのが撮れなかったので諦めて帰ろうとしたとき飛んできました。

慌ててレンズ付け替えましたが、撮れたのは2枚だけ・・・・
ちょっと悔しかったですけど、春までまだ出会う機会がありそうなのでまたのチャンスに期待です。
(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、【カシラダカの写真】PhotoshopCS3にてアンシャープマスク、ガウスぼかし、調整レイヤー明るさ・コントラスト、カラーバランス、レベル補正、トーンカーブ
【トラツグミの写真】PhotoshopCS3にて調整レイヤーカラーバランス、トーンカーブ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/20(火) 11:23:56|
  2. [野鳥]カシラダカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

忍び足かくれんぼ

nyanko-022.jpg
nyanko-021.jpg

木枯らしの吹く日は、にゃんこ先生達も風を避けて隠れてらっしゃいます。|垣根|・ω・`)ノ ヤァ

少し前に大阪城に行った時に撮ったにゃんこ先生達です。
この日は寒くて偶にあられが降っていたのですが、にゃんこ先生達も寒いようで、垣根の横や木の下に隠れてらっしゃいました。

上の茶トラにゃんこ先生は、僕が近づいたので「す~~~」っと木の下から逃げようとされておりました。
必殺!『にゃんぽう忍び足!!』をされておられました~!

そして下のキジトラにゃんこ先生は、秋には野鳥撮影のカメラマンが賑わっていたところにおられたのですが、今はだぁ~れもいません。
しかし、にゃんこ先生が御隠れになられておられました♪

こちらの先生は、必殺!『にゃんぽう木の葉隠れ!!』をされておられましたが、「ばればれですよ。先生方・・・・」

色々と寒さを避けて工夫されておられるようです。
人の様に使い捨てカイロを何枚も貼るわけにもいかないでしょうから(←僕のこと?)

風邪をひかれないようにされてくださいね~よろしく(^ー゚)ノ

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/20(火) 07:14:46|
  2. [にゃんこ♪]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Get READY! - ゲット・レディ!

get-ready-001.jpg

準備しといてね~!って感じだったんでしょうか?

久々の野鳥写真以外の記事ですが(←なんか最近久々多くないです・・・・)年末に撮った白黒銀鉛第二弾です。

帰り際に電車に乗る前にATC(アジア・トレーディング・センター)に寄ったのですが何かイベントをするようで、リハーサルをやっていました。

若きカメラマン(たぶん三脚からするとビデオ撮影かな~?)と何か知らんキャラクターが一緒にいました。

たぶん、カメラマンが手前の女の子と打ち合わせしている所を、このキャラクターが「ふむ!ふむ!」みたいな感じで頷いていたシーンだったと思います。

イベントは、ストリートダンスのような感じでしたが、そちらも撮りたかったのですが痛恨のフィルム切れでした・・・・

しかし、この魅惑のロシアンレンズ見事にフレアー出してくれました!!
丁度上の方だけで、これはこれで良かったかな~と思っていますが・・・ちゃんと狙ってこうならないとね~。

修理に出していたカメラも帰って来たことだしぼちぼちまた銀鉛もはじめようかと思っています。

そんな意味も込めて今日のタイトルは『ゲット・レディ』(準備はいいかい?)にしました。
このタイトルに「ピン!」とこられた方はSoul通ですね~。
そう!モータウンのテンプテーションズのヒットナンバーです。

テンプテーションズといえば「マイ・ガール」が一番有名ですけど、この「ゲット・レディ」や「パパ・ワズ・ローリン・ストーン」なんかのダンス・ナンバーもとても格好いいです。
最近は、ラップグループの「ブラック・アイド・ピーズ」のファギーさんのソロアルバムの「Here I Come」という曲にもこの「ゲット・レディ」がサンプリングされております。

今年は、音楽ネタもちょっといれるかな~。
昔からのお付き合いの方はご存じですが、ブログを始めた時は音楽ブログだったんですけどね・・・
でもマニアック過ぎて解らん?とよく言われていました。ははは。
(興味がある方は、linkの旧ブログ「Cafe Blue Period」の最初の記事の方見てみてください。)

因みに、今頃、証しますけどここのブログタイトル「Revolving Paint Dream」もとある英国に存在したバンド名から拝借しております。
知っている人たぶん少ないと思いますけど、いいバンドだったんですよd(⌒ー⌒)

【撮影でーた】
ASAHI PENTAX SP-F + MC Jupiter-9 85mm F/2 Tri-X 400
フィルムスキャン、トリミング、補正なし

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/19(月) 23:59:31|
  2. [スナップ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

木枯らしと小さな翼 スズメ

suzume-001.jpg

冬のスズメたちは団子のようですね(^○^)

久し振りのアップになりますが、最近本格的に涼しくなってきましたよね。
撮影に行くにも、足の中やら、お腹等に使い捨てカイロ貼りまくって出かけております。

最近は、この前のメジロの蝋梅と写っている写真から閃いたことがありまして、それの練習に都市公園で野鳥を撮っています。

何を練習しているかと申しますと、バックの柔らかいボケを出すことなのですが別にカメラの設定を変えたりするわけでもなくて、アップで撮れる時に、只単に自分の立ち位置を変えているだけなんですが
ようやく少し掴めた感じがします。

理論的には、全然解りませんが使っているレンズに因ってもボケの種類は変わるようですね~。
今使っているBORGは、元々天体望遠鏡なのですがコントラストがとても弱いように思います。

以前に使っていたタムロンのズームで撮ったもので、こういうボケが作れていたのかどうか?引っぱり出して見てみましたが、やはりBORGに変えてからでした。

そして、このボケが出来ている状況を自分の撮った写真と上手な方のブログを拝見したりして検証してみて、こうではないのか?ということを試しています。

何でそうなるのか?は未だに解りませんが、ここら辺に立つといい感じになるなというのは、大分掴めてきました。

撮った後の自分なりの反省は、後ろの明るい緑のボケを真ん中のスズメの後ろに持ってくるのがベストだったなという点と、左側から伸びる枝がうるさいですね。

それは、また次回ということで、ちょっとまだ配慮が足りなかったです・・・・。

近況は、そんな感じなのですが、それにしても冬のスズメはふっくらして可愛らしいですね~♪

「おしくらまんじゅう、する?」と言っているようで見ていても撮っていても飽きないです。

珍しい野鳥を狙いに行くのもとてもロマンがあって素敵なことだと思いますが、偶にはずっと眺めていられる野鳥を見ているのも心が安らいでいいもんですね。

話は全然変わりますが、冬のタイトル考えるのって難しいですね。
今回の「木枯らしと小さな翼」は、丁度大好きな曲のジミー・ヘンドリックスの『Little Wing』を聞いていて、「おお~この感じ!」と思いましたが、日本語で表現するのは難しいですね。
ちょっと芯を突いていない感じがします。

『冬』という言葉を抜いてなるべく表現したいのですが、冬が付くの多いですよね~。
「冬のソナタ」、「冬のリビエラ」とか・・・。

最近は、写真に付けるタイトルの付け方みたいな本まで出ていてビックリ!しますが、言葉の勉強も少ししないとね。(^▽^)/

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、補正なし

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/15(木) 23:07:51|
  2. [野鳥]スズメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

おこりんぼう見つけた ルリビタキ

ruribitaki-003.jpg
ruribitaki-004.jpg

ルリビタキの男前にはいつも睨まれます( ̄ ̄;) ムカッ!

里山野鳥シリーズ第三弾ですが、今日はルリビタキ、通称ルリビです。

今シーズンは12月にオオマシコを撮ったお山で1羽見たのが最初で、実家近くで年末から年が明けてから3羽の計4羽見つけましたが、この写真のルリビ以外は全て♂の若でした。

ようやく、綺麗なイケメンさんに会えました。

この場所は去年とある方に教えて頂いていた場所で、実家から車で30分ぐらいの場所です。
行ったことのない場所だったので、父に聞くと「知ってるよ!」と言って教えてくれましたが、結局4日の日に「行ってみるか?」というので連れて行ってもらいました。(父は家にいるのが超苦手なので、暇になると外にすぐ出て行きたがるのです。)

現地に到着して、父は近くの神社にお参りするので待っとくわというので、そこから歩いて山を登って行きました。

登り始めて少し行くと、アオジが落ち葉や草叢で餌を捕っているのが見えましたが、人慣れしていないアオジの逃げるのが早いことなんのって、確認している間にすぐさま次々と逃げられました。

そんな感じで中腹辺りまで来た時に、「ちらっ!」と青いものが目に入ってきました。

「何だろうな?・・・何か見られている気配がするなぁ~?おかしいなぁ?」(←またも稲川淳二さん風で)
「ルリビかなぁ~?ルリビだよな!ルリビだな!!」とその枝を見上げると・・・・・

「うわ~~~!ルリビだ!!」

いつものしかめっ面でまたしても睨まれました・・・・

ルリビやジョビオ(ジョウビタキ)は、縄張りを持っているので近づいてもそんなに逃げませんが、自己主張か羽をバタバタさせておりました。

「ここは、俺の縄張りや!あっち行け!!」と表現しているのでしょうか?
しかめっ面は白い眉斑の角度の所為でしょうね。(笑)
しかし、苦味ばしった、いい男ですね~!

去年も撮っていて気付いたのですが、ルリビの羽の色は光の当り方で物凄く変わって見えますね。
一枚目と二枚目を見て頂くと気付いてもらえると思いますが、お腹のオレンジの線が下の光が当たっているものでは、黄色くなっていますよね。

青い部分も光が当たると水色っぽくなります。
僕は、ルリビの濃い青色が美しい思うので若干、日の当たらない所にいてくれると嬉しいです。

この前の記事のカワセミとは、逆ですね。
カワセミは光が当たっている方が綺麗に思います。

そんな感じで今シーズン初の男前ルリビを撮ることが出来ました♪
教えて頂いた○○○○さん、どうもありがとうございました。<(_ _)>

この後、山の上にどんどん登って行きましたが・・・・頂上付近で携帯を忘れていたことに気付きましたが、麓では大変な事に・・・・父がなかなか降りて来ないので家にいる母に電話して行くえ不明になったと報告して、母は母で弟に電話して「○○が山から降りて来ない」と電話。

しかし、弟は一言
「あそこの山低いから大丈夫や!」と言ったそうですが、あんまし家族に心配かけてはいけませんね。

みなさんも山に登る時は携帯忘れずに持って行きましょう!
リピート・アフター・ミー、「出かける時は忘れずに!」よろしくぅ(^o^)/

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にてアンシャープマスク、2枚目のみ調整レイヤー、トーンカーブ、明るさ・コントラスト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/11(日) 08:44:55|
  2. [野鳥]ルリビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

里に生まれて カワセミ

kawasemi-002.jpg
kawasemi-003.jpg
kawasemi-004.jpg
kawasemi-005.jpg

何故か?冬場は良く見かけますね~(*^・ェ・)ノ コンチャ♪

実家近くの里川にカワセミが居るのですが、何故か冬場になると出て来てくれます。
去年も撮っていますが、大体同じ所にいました。

「バシャ!」という音がしたので見たら魚を捕っていましたね。
モツゴ(クチボソ)でしょうか?

草の枝からダイブしていましたが、捕った後、僕に気づいて近くの瓦礫に飛び移っていました。
下の嘴が赤色なのでお譲さんですね。

1枚目から、3枚目までは、同じ個体で、4枚目のみバス釣りによく行っていた貯め池にいました。
こちらもお嬢さんですね♪
カワセミは実家に帰っている間に三羽と出会うことができましたが、子供の頃はあんまし見かけた記憶がないんですけど、結構居てくれます。

今や、街中の都市公園にもいるので珍しくはないのですが、やはり出会うと「はっ!」とする野鳥ですね。
カワセミは、やっぱしダイブ、飛びもの、ホバシーンでしょうけど、オートフォーカスなしではきついですね。
AFレンズでピタッと止めたいものですが、無いものはしょうがないですね~。

ブレブレ、ボケボケの飛翔シーンですみません・・・・

この里川結構野鳥も多いのですが、工事がほんと多くていつもどこかの箇所でやってます。
去年コガモがやって来ていた場所で今回はやっていました。

たぶん、カーブが多いので土砂が堆積し易いのでしょうね。
護岸工事しなくても、洪水というか?床下浸水したことって僕が産まれてから一回くらいしかないんですけどね・・・・

前にも書きましたけど、川を浅くしてしまった所為でいろんな魚がいなくなってしまって、鯉を放流しているつまらない川になってしまいましたが、少しカワセミが咥えている魚を見て安心しました。

この先、この川の行く末がどうなって行くのか解りませんが、今のカワセミや多くの野鳥が居てくれるこの川の情景を撮っておくのもカメラを持っている者の役目だなとひしひしと感じました。(^○^)

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ、明るさ・コントラスト、特定色域の選択、2枚目ガウスぼかし、1、4枚目、レンズフィルタ、レイヤーマスク使用

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/09(金) 16:45:26|
  2. [野鳥]カワセミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

春を夢見し者たち メジロ

mejiro-005.jpg
mejiro-006.jpg
mejiro-007.jpg

迎春ということで、今年一つ目の記事はメジロですd(*⌒▽⌒*)b

みなさん、改めまして、

明けましておめでとうございます♪

「ってもう何日経っていると思っているんだね!君は!」という感じですが、今日大阪に戻ってきました。

ちょっと久々にパソコン使うとなかなか思うようにいかなくて記事を書くのにとても時間がかかっています。

帰省した田舎の和歌山では、暇があれば野鳥の撮影にほぼ時間を費やしていましたが、いつも車を自分で所有していないので、父の車を借りるのですが、今回はあまり借りることが出来なかったので徒歩で近所回りで鳥見という感じでした。

時間がたっぷりあったので、いつもより時間を懸けてじっくり散策してみましたが、意外に野鳥の種類がたくさん、いたのでびっくりしました。

もともとミカンの産地ですので、山はほぼ、ミカン畑でして点々と広葉樹の林があるくらいです。

一番目に付いた野鳥はこのメジロでもううるさいくらいに飛びまわっていました。
後は、ホオジロ、アオジ、セキレイその辺りが多くて、それを除けば冬はツグミ科の野鳥がとても多かったです。

そんな感じの里山、里川の鳥見で珍しいものは、あんまし御紹介出来ないかもしれませんが、ぼちぼちアップして行きたいと思っています。

今年は、色々と撮れる体制を作っていかなければいけないなと思っているので、基本を学ぶ事が最優先で、去年からの課題と写真以外の視野も広げてその中から何か見つけてチャレンジしていかなければと思っています。

また、今年もみなさんに見て頂けるようがんばりますので宜しくお願いします☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

*帰省している間にコメント、拍手、御覧に来て頂いたみなさんありがとうございます。
お返事も年を跨いでしまい申し訳ございません。


【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ、明るさ・コントラスト、三枚目のみ白黒、明るさ・彩度(レイヤーマスク使用)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/07(水) 23:54:22|
  2. [野鳥]メジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

謹賀新年

nenngajyou.jpg

明けましておめでとうございます。(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

帰省中にて予約投稿にてのご挨拶ですみません。

今年もまた宜しくお願いします。

blog再開は7日頃と思います。たぶん・・・☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/01(木) 00:00:00|
  2. [写真展と御挨拶]
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。