Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野鳥写真 バン

ban-001.jpg
ban-002.jpg
ban-003.jpg
ban-004.jpg

傷ついたバンの生きようとする必至な姿に心打たれました。

2月の初め頃とある都市公園で探鳥していた時に雨が降ってきて、やめて帰ろうとした時にふと池を見た時に何か陸に上がっている野鳥がいました。
何だろう?と近づいてみるとバンの4~5羽の群れでした。

バンはクイナ科という種別なんですが、あのヤンバルクイナと同種です。
比較的多く見られるのですが、葦原のある水路や蓮のある池で僕はよく見かけます。
この野鳥カモ達と同様、飛ぶことも出来れば泳ぐことも出来て陸上を歩くこともします。

話は戻りますが、その群れの中で一羽だけ遅れをとってるものがいました。
歩き辛そうに片足で歩きながらそれでも必至に餌を探しながら群れに追いつこうとしていました。

僕は、この時カメラを向けるのに躊躇しました。
こういう姿を撮るべきなのかどうなのか?
考えていたのですが、頭の中で一つの事が浮かびました。

それは、戦場写真なのですが、僕は正直、戦場カメラマンって何故、人の死や傷ついた姿を平気で撮れるのだろう?と思っていましたが、この時それが少し解った気がしました。

これは、僕の一つの哲学的なものかもしれませんが、カメラマンってやっぱり心動かされたものに対しては、シャッターを切るべきだと思います。
それが、悲しみであったりとか苦しみであったりとかとしても撮るべきだとこの時感じました。

と同時に、自分のこれまで撮った野鳥写真を思い浮かべて全然野鳥が撮れていなかったことに気付き唖然として鳥肌が立ちました。

そして、我に帰り、この傷ついたバンを目を逸らさず見つめてシャッターを切りました。

この写真は、決して悲しみを伝えたい写真ではなくて、必死に生きようとするバンの美しい姿を伝えたくて撮りました。

生物って姿、形は違っても人は別として感情を持っているものは少ないと思います。
只々、生きる事だけを考えて生きている生き物がほとんどだと思います。

そういう美しい姿に、僕はこれから目を向けて伝えられるような写真を撮っていきたいと、この一羽のバンにありがとうの意味も込めて、心からエールを送りました。

【撮影でーた】
PENTAX k10D + miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、一枚目のみPhotoshopCS3にて調整レイヤートーンカーブ
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/04(水) 11:27:36|
  2. [野鳥]バン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。