Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春風に紛れて ツリスガラ

turisugara-001.jpg

淀川シリーズ第二弾はツリスガラです。ヾ(=^▽^=)ノ

前の記事と同じく淀川探鳥からの写真です。
先週金曜日は、午後から行きましたが雨の為か全く出会えなかったツリスガラですが、土曜日は天気も良くひょっとしてと思い朝から出かけました。

ひょっとして、来られておられる方もいらっしゃるかな?と思っていましたが、やはりみなさん今はレンジャクの方だったのでしょうね。

帰り際に、大砲レンズ2本抱えて来られた方とお会いしましたがツリスガラ狙いということでした。
ん~!凄い気合だ~!と思いました。こうでなくちゃいかんのですけどね。

ただ僕は、僕のスタイルで撮るしかないので!
焦点距離の短い分、なるべく野鳥に近づけるように心がけました。

とは、いえ葦原の地面は泥沼で迂闊に突入するとえらい目に逢います。
はまったことも以前あるんですけどね・・・・。

この場所はほとんど堤防の上から葦原を見下ろしながら撮る感じなんですが、舗装されて新しくなっている所が1か所ありました。
ここは階段が付いていて下にも幅が細いですが歩ける所があったのでここで群れがくるのを、しゃがんで待っていました。

主にオオジュリンという野鳥を待っていましたが、ちょっとでも立ち上がるとすぐに逃げてしまうので移動は、ゆっくりしゃがんだままで音を立てずに近づくことを心掛けていました。

その内オオジュリンがやってきたなぁ~と思っていたら、小さいのもやってきました?
ひょっとしてツリスガラ?と思ってみてるとそうでした!
葦原で小さい野鳥を撮るのは恐ろしく難しいのですが、手前に出て来てくれるのが一番ベストですけど、警戒心がありますからこれは、あんまし期待できません。

葦の枝の隙間から覗いて、抜けている場所にカメラを向けながら撮影するのですが、これも前にある枝や穂が被って、被写体がボケてしまったり、風があると今度はタイミングも絡んできます。

僕は、あらかじめ野鳥のとまっている枝の上の方で抜けているところを探してピントを置いといて、野鳥が上がってくるのをひたすら待ちます。
ほとんど、今回は、この作戦で撮っていました。

この写真の時ははまってくれましたね~。
ワンショットだけでしたが、ジャストのところへ来てくれました。

ツリスガラは結局この一回だけ群れが回ってきただけでしたがとても満足でした。
葦原の撮影は、難しいですがとても面白いです。
初見でしたしね~♪ほんとMGさんに感謝です♪

ツリスガラは、今回が初見だったんで詳しくないですが名前の由来は、その名の通り樹木に吊り下げられた巣を作るかららしいです。
この写真は、過眼線(横に目を挟んでいる線)が黒くないのでお譲さんだと思います。
大きさは11cmとかなり小さいです。

ということで昨日に続き

ツリスガラも!嬉しいライファ~~~~です♪

【撮影でーた】
PENTAX k10D + miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/02(月) 10:14:05|
  2. [野鳥]ツリスガラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。