Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

にわか雨 / セグロカモメ

segurokamome-012.jpg

地味い~に野鳥写真です。
これも木津川(大阪)関連の写真ですが、ずっと木津川をモノクロの中判カメラで撮っていた訳なのですが、やっぱし冬なので水鳥もやってきてました。
しかし・・・今使っているPlaubel Makinaというカメラなのですが、レンズがニッコールの80mmオンリーしか使えません。
というか外せないんです・・・。
ベローズ(蛇腹)の前にレンズが付いていて、使わない時は折り畳める仕組みになっています。
アオリ補正とか接写が出来るとかではなくて只単に収納の為だけに蛇腹が付いてます。

まぁ~どの道、中判カメラの望遠レンズなんて持ってないので野鳥は寄って撮れないのですが、やっぱし見つけると撮ってしまってました。
そんなこともしながら木津川を撮ってましたが・・・河口部の大阪南港平林という貯木場があるところに付いた時に橋の上から見ていると水面に浮かぶ材木の上にカモやらカモメやらがいっぱいとまってました。

で!モノクロフィルムで撮った訳なんですが、小さ過ぎて判別できません・・・。
下の写真がその写真ですが・・・。
カモメは何カモメかはこの時点で判りませんでしたが飛翔時に尾羽に黒い筋がなかったのでウミネコではないなぁ~。
と思っていたのですが、カモもたぶん?ヒドリだろうな~?という感じでしたが。

やっぱし・・・確かめたい!!というのがバーダーの性。
で行ってきたのが上のカラーの写真です。

この時は途中少し雨が降ってきましたが、3羽程橋に近い材木にカモメがとまってました。
結局セグロの成鳥冬羽のようですね。
背中の羽の色が浅いのと100%に拡大して目元というか顔付きで判断しました。
羽の裏を見れたら確実でしたが・・・間違ってましたらご指摘ください。

でカモの方は、マガモ、ヒドリ、ホシハジロでした。
特にホシハジロの群れは割と大きかったですね。
又、機会があればアップしますが、大阪城にも一杯いますもんね~。

ということで、一つ気が済みましたが特に珍しいカモは居ませんでした。
数は居るのでまた散歩がてらに行ける近くのポイント発見出来たので良かったです。

segurokamome-013.jpg

【撮影データ】
上の写真:
NikonD300+Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)+Ai AF-S Teleconverter TC-17E II
トリミングなし、CaputureNX2にてRAW現像後、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ、フィルタ、ハイパス

下の写真:
PLAUBEL makina670 Nikkor 80mm F2.8 with DELTA 400
(DEV.T-MAX DEV. 1:6 7分30秒)
フィルムスキャン、PhotoshopCS3にて、調整レイヤー、トーンカーブ
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/28(月) 22:14:48|
  2. [野鳥]セグロカモメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

~Winter Marine Cruze~ セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ

segurokamome-001.jpg
segurokamome-002.jpg
segurokamome-003.jpg
segurokamome-005.jpg
segurokamome-006.jpg
segurokamome-007.jpg
segurokamome-008.jpg
segurokamome-009.jpg
segurokamome-010.jpg

今年最後の野鳥記事は、冬の海からです。 ̄∇ ̄)冷ェェ!!

やっぱし冬の海は涼しくていいですね~♪(←アホです・・・)

この前の「ズグロカモメ」を撮った時の写真からです。
ここは、河口に堆積した土砂が丘のようになっているところで、潮が干くと野鳥が集まってくるのですが、今回行った時はカモメ類の野鳥たちが羽を休めていました。

最初、見た時は、ユリカモメとウミネコがいるのかな?と思っていましたが、別の種が一種混じっていました。

それが「セグロカモメ」なんですが、少々判別ややこしいです。
というのも、似た種類に「オオセグロカモメ」という種類がいてこれが、図鑑で調べるとかなり似ているんですよね。

アップしていない証拠写真の数々と幼羽の個体、背中の羽の色の違い等から「セグロカモメ」と判別しました。

間違っていれば、遠慮なくご指摘ください。

カモメは苦手という方もかなりおられると思いますので、写真の解説を素人なりに少々。

1枚目、向かって右から二番目がセグロで他はウミネコ、これは判り易いですね。
足の色が、赤と黄色で違います。
後はウミネコの方は嘴に黒が混じっています。
大きさも全然違います。

2枚目、これはご存じユリカモメ軍団ですね。
大人しく寝ていますが、餌を見つけるとかなり凶暴になりますよね。
ズグロとの違いは、この前も書きましたが嘴の色です。
ズグロは黒いです。
それと、ズグロは単体で行動していることが多いようです。

3枚目、ウミネコ、飛翔図ですね。
尾羽に黒い帯が入るので判り易いですね。
日本にいるカモメの成鳥個体で帯が入るのは、ウミネコだけということです。

4枚目、セグロですね。幼鳥らしき個体にちょっかいを出しにきていたので、怒ってるようです。
同種、どうしでもこういうことがあるんですね。
手前のボケてるのは、ユリカモメ。

5枚目、4枚目に写っている幼鳥らしいのと一緒の個体です。
図鑑を見ながら検証してみましたが、第一回冬羽というより、幼羽のようですね。
生まれるのが遅かったのか?足が黄色のようにも見えますが、4枚目をみると赤ですね。
尾羽の黒さからしてもやはりセグロ。

6枚目、これはちょっと自信ありませんが、撮った時の連続写真をみるとウミネコの飛翔だと思います。

7枚目は、幼鳥降下ですね。足の色から、ズグロの幼鳥ですね。

8枚目、セグロ「ちゃっぷいわ~~」の図

9枚目、頭一つ飛び出してこっちを見てるのがセグロ、その手前がウミネコ、羽上面の色の濃さと大きさ、上を飛んでいるのと他はほとんど、ユリカモメ。

以上です。

まぁ~、ややこしいです。
カモメ科とウグイス科、そしてセキレイ科のタヒバリ系のものは、ほんと苦手ですね。
そういえば!ウグイスも撮ったのあるんですが、未だに悩んでアップしてません。

まぁこれも勉強ですよね。
行動パターンや、生息場所、囀り、いろんなことで見分けが付きますので、やはりフィールドで経験積むのが一番ですね。

おお~っとこちらもお約束で、年末最後の

セグロカモメ嬉しい♪ライファ~~~です。(* ̄▽ ̄)/'`*:;,。・

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
4、7、8枚目トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、トーンカーブ、明るさ・コントラスト、4枚目のみカラーバランス

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/28(日) 10:36:17|
  2. [野鳥]セグロカモメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。