Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩間に響く王の囀り ミソサザイ

misosazai-004.jpg
misosazai-005.jpg

ミソッチに会えました~\(*T▽T*)/

情けない話なのですが、2,3日前に膝を痛めてしまって、階段の上り降りが少々きつくて鳥見も少し休んでいたのですが、そうそう休んでられませんので一昨日軽めに探鳥に行ってきました。

山道だけにしようと決めていたのですが、なんと!歩きだしてすぐに「チャッ♪チャッ♪」という囀りが何かいるな?と思い目を凝らしていると、ゴマ粒みたいなのが飛んで来ました。

う~ん!これは、ひょっとしてとミソサザイ(以下ミソッチ)か?と思ったのですが、それにしても今頃の時期とは早い気もしましたが、ファインダーで覗いてみると間違いなくミソッチでした♪

ミソッチは、留鳥なので年中見ようと思えば、高いお山の針葉樹の森にいますが暗い所にいる上に日本最少の野鳥の一種で(もう一種は、キクイタダキ)非常に撮りにくい野鳥です。大きさは11cmしかありません。

しかし、この場所は観光地の山道、人気も非常に多い場所で去年もここで見つけていますが2月の末頃だったと思います。
やっぱり暖冬の気候の所為でしょうか?
この日見つけたのは、計4羽でした。(撮れたのはこれ一羽のみでしたが・・・。)

僕は、普段「地味な野鳥が好き」と言っているのは、このミソサザイが今まで出会った中で一番好きな野鳥だからなのですが、何が好きかといいますとこんなに尾っぽを垂直近くまで立ててるところなんですが、上の方の写真で折れた枝にとまってますが、これ「チャッチャ♪」と囀りながら上下左右に体を動かして踊っています。
これが、可愛らしい♪
これを見れるのは、野鳥を知る人の特権ですね。

たぶん、メジロとかですと色とか知名度で判ると思うのですが、岩の上に乗っているミソッチを撮っている僕を見た所で、普通の人が見たら「渓流の風景撮ってはるんやね~」としか思わないでしょうね。

こういうの嬉しいですよね♪
見える人には、見えるんですが見えない人には全然見えないんですよね。
ちょっと、優越感に浸ってしまいます。

さて、このミソッッチですがwikipediaで調べるとなんとヨーロッパの民間伝承等ではしばしば「鳥の王」とされているようです。

そして「神の雄鳥」がヨーロッパコマドリ、「神の雌鶏」がこのミソサザイで夫婦とされることもあるようですね。

そういう魅力も確かに秘めている野鳥だと僕も思います。
この羽の縞模様の柄もやっぱし、日本古来の衣服のような雰囲気もありますし普段住んでる場所が針葉樹の森の暗い所、苔で巣を作る、そして肉眼では姿、形がほとんど解らない!う~んやっぱり全てが神秘的だなぁ~!

やっぱり、ミソッチが一番好きな野鳥であることは、僕の中では当分変わらないと思います。
\(^▽^)/
(クマタカに出会えたらちょっと揺らぎそうですが・・・あちらも「森の王」ですからねぇ~)

【撮影データ】
PENTAX k10D+miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー、1枚目レベル補正、2枚目トーンカーブ、カラーバランス




【おまけのこうなぁ】
今日のおまけコーナーは、この日出会った他の野鳥たちですが、

1枚目は外来種ソウシチョウですね。
これもたくさんおりましたが、これはミソッチより警戒心強いです。
金剛山で前に見かけたことありましたが、恐ろしい速さで消えて行きました。
いたところで、笹の根元とかにいてこの野鳥も撮るの難しく思います。

2枚目は、前の記事で取り上げましたルリビタキ♂の成長羽の個体です。
これもそれ程登って無い所で見つけたのでもう大分入ってきているのかと思いましたが、まだちょっとこのお山少ない感じです。
後一羽見ましたがそれは、若鳥の♂でした。

sousityou-001.jpg
ruribitaki-011.jpg
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/14(土) 01:10:39|
  2. [野鳥]ミソサザイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

大地の鼓動、森の息吹 ミソサザイ

misosazai-001.jpg
misosazai-002.jpg
misosazai-003.jpg


久し振りにミソッチが撮れました♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

6月7日に金剛山で撮影した写真ですが、この日の目標はコガラだったのですがこの時期は厳しいのか出て来てくれませんでした。

いつものようにロープーウェイで山頂駅まで行ってそこから歩いて約30分程歩いて山頂まで登りました。
山頂近くの『ミソサザイ』ポイントで、ミソサザイの囀りを聞き、辺りを見回すと一羽いました。

針葉樹の枝にとまっていましたが、すぐに警戒されて倒れた針葉樹の葉っぱの中に隠れてしまいました。
少し今日は粘ってみるかと思い静かにしていると、またひょっこり出てきてくれましたが丁度ラジオを持った登山者の方が通られたので、今度は笹の中に隠れてしまいました。

今度は、なかなか出て来てくれないので諦めて山頂方面へまた登り始めました。
山頂まで後少しの所で、またまたミソッチの囀りが聞こえてきたので聞こえる方の林に突入しましたが、どうやらまだかなり下の方で、ちょっと突入するのは無理だなぁ~と思っていたら、一人の登山者が、その近くを走り降りて行きました。

「あっ!登山道があるんだ!」と少し引き返してその登山道を探しました。
方向からすると奈良方面への登山道だと予測してその道を少し行くとミソッチの囀りがどんどん近付いてきました。

「ん~この辺かなぁ~?」と思って辺りを見回すのですが、動いているものは見当たりません。
暫く目を凝らしながら囀りの方向を確定していくと一本の切株が目に付きました。

まさかなぁ~、ミソッチが切り株に乗って囀っているなんてうまい話は.....
「あれっ?なんか点のようなものが乗っかってるやん!?」

カメラのファインダーで覗いてみるとまさしくミソッチが切り株の上で飛び跳ねながら囀っていました。
どうやら、愛想もいいようで、発見されていましたが囀ってくれました。

しかし、かなり遠い距離でしかも暗いです。
撮ってみてデータを見ると絞り優先で開放(絞りは付いてないのでF/5.8固定)ISO800でシャッタースピードは1/30でした。

距離を計りながら少し近づきファインダーで覗いて米粒ぐらいにはなりましたが、何せ11cmですからねぇ~手持ちでマニュアルのピント合わせはかなりシビアでした。(画像が粗いですがご勘弁を~!)
まぁ~これも勉強ですね。

なるべく腕が震えないように斜面に肘を付けて撮影しましたが、さすがに囀りシーンは被写体ブレを起こしてすべてボツでした......(明るいレンズが欲しい!)

まぁ、そんな感じでしたが久し振りに大好きなミソッチに会えて大満足でした。
この日出会った野鳥は、ゴジュウカラ(撮影失敗)オオルリ(囀りのみ)イワツバメ?とハチクマ?(撮ったが真っ黒で確定できず)なんかが出てました。

この時期は少し野鳥を見つけるのは厳しい時期なので金剛山で留鳥に会いに行く機会が増えそうです。
バスの回数券も買ってしまいましたしね。(^○^)/

【撮影でーた】
PENTAX k10D + miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミング、PhotoshopCS3にて調整レイヤー明るさ・コントラスト、カラーバランス補正

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/16(月) 23:58:15|
  2. [野鳥]ミソサザイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。