Revolving Paint Dream

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海抜1,000Mの森の住人 ゴジュウカラ

gojyuukara-001.jpg
gojyuukara-002.jpg
gozyuukara-003.jpg


撮るには、撮れましたが.....(-_-)ウーム

先週の土曜日に久しぶりに金剛山に行ってきました。
お昼から出かけたので、麓からの登山は、やめてロープーウェイで山頂駅にそこから山頂を目指しま
した。

やはり、金剛山は違いますね~。
気温がかなり低く、半袖だと少し肌寒いです。

目的は、ミソサザイでしたが、囀りは聞こえるのですが杉の木の高い所でウロウロしているようで降りて来てくれませんでした。

元気だったのは、カラ類でヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラがあちらこちらで囀りながらうろちょろしておりました。
夏鳥が何か居ないかなと思ったのですが、目撃したのはオオルリのみこちらも高い所で囀っておりました。

山頂付近は、大きい杉の木がある針葉樹林とブナ等の広葉樹林が広がる地帯に分かれているのですが、まずは、針葉樹の森がお出迎えしてくれるのですが、樹齢の高い大きい杉が多いので薄暗い
です。
シジュウカラがここでもうろちょろしていたので、撮ろうと思った時、何やら別の野鳥が飛び出してきました。

良く見るとアオゲラでした。
すぐにシャッターを切りましたが、暗いのでブレブレで、撮れたのは証拠写真のみでした。
しかし、初めて会えたのでかなり興奮してしまいました。

この森を少し歩いて行くと広葉樹の森との分かれ道があり、そちらに向かうことにしました。
以前行ったことがありましたが、なかなか野鳥の多い所です。

そして、ここには有名な餌台があるのですが、前に別の方のブログで読んだことがあるのですが、ピーナツを置くとすぐに野鳥が集まってくるということでした。

しかし、去年の夏に来た時は、この餌台のお皿には、水が溜まっておりボウフラがいるだけで鳥の姿
も見えませんでした。

まぁ、通り道なので覗いてみようと思い行ってみると、すぐに青っぽい野鳥が近くの木から飛び出して
きました。

ひょっとして?と思いじっくり見てみると『ゴジュウカラ』でした。
そして、餌台を見てみると先に来た方がピーナツを置いていたのでしょう?
殻が残っていました。

おお~!と思い思わずシャッターを切りましたがどこかに消えてしまいました。

暫くまた来るのかと思い待ちましたが出て来ず先に行こうと、餌台を離れるとどこにいたのか?
また、ゴジュウカラが出てきて、餌台に飛び乗りました。

今度は、二羽、ピーナツの殻を奪いあいしていました。
ようやく決着がつきましたが、ピーナツが殻だと気付くとどこかに飛んで行きました。

その後を狙って、ヤマガラが出てきました。
う~ん、噂は本当だったのですね~!

そんな感じで、近くでゴジュウカラを撮ることはできましたが、写真は、餌台の上の枝です......
かなりいるのは、わかったので、次は、自然な場所で頑張って見つけたいですね
(;^_^A アセアセ・・・

【撮影でーた】
PENTAX k10D + miniBORG 60ED 350mm F/5.8
トリミングなし、PhotoshopCS3にて調整レイヤー明るさ・コントラスト、カラーバランス補正
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/19(月) 07:26:26|
  2. [野鳥]ゴジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Jam

Author:Jam
大阪で野鳥、にゃんこ、スナップ、花、風景等を好奇心の赴くままに撮っています。

コメントの有無に関係なく御自由に見てください。
チラ見も大歓迎です。
リンクフリーですがご一報くださると嬉しいです。(無くても結構です。)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最新コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

直接のご連絡ありましたらこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。